一般投稿者の投稿

スマートグリッドホーム株式会社の被害に遭われ、当会にご連絡いただきました内容を抜粋しております。

Hand Craft Pottery

一般被害者からの投稿(2019年6月8日UP)

スマートグリッドホームに管理メンテナンス契約したら、知らない間にフェンスのカギを交換されていた!!

2019年 月 日(  ) 21:・・ (契約者が現地へ視察してみたら?)
本日共同所有の〇〇〇太陽光発電所に来ております。スマグリの社員2人が来て除草とフェンスの下見に来て私の区画に杭を打ち込んで帰ったようです。ちょうどその時は地主の〇〇さん宅に行っている時で知らない間に帰った。多分車のUターン場所などを作るのでは?又管理メンテの主張をするアリバイ作りか?地主〇〇さんには遅れて地代の振込があったそうです。鍵は交換されおまけに壊されていた。

一般被害者からの投稿(2019年5月29日UP)

先日、私(事務局長 安藤浩一郎)がスマートグリッドホームに在籍していました時に担当させて頂きましたA様というお客様より、当会にご連絡を頂きました。 

内容的は本当に驚くばかりの内容です。 

このA様は、福島県相馬市にて、スマートグリッドホームが当時推奨していました『メーター売り』という物件をご契約頂いたお客様です。 

この『メーター売り』とは、1基5〜6千万円の物件を10〜15人程で購入して(購入と言っても10年でスマートグリッドホームに返却する契約です)。  

それを各所有面積により、毎月売電料金をシステムです。 

A様は、本来スマートグリッドホームの内部資料の提出を求めましたが、これを三宅氏は一切拒否。 

しかし、太陽光発電に興味を持たれていたA様はテスト的に『メーター売りの1部分の300万円』を契約されて、しばらくは様子を見ることにされました。

 改めてお電話をお伺いしたところ、以下の様な内容でした。  

27年11月ごろ、福島県相馬市にて『メーター売り物件を300万円を支払い契約は完了しています』  

その後、おおむね2年後の、平成29年4月ごろより、22.570円が毎月支払を始めたとのことです。 

 (この2年という時間も当初の話しとは全く違っており、私の記憶では、入金後半年以内にはと説明した記憶があります) 

しかし、これもわずかに半年間の話しで有り、10年間との約束を一方的に破棄して、昨年11月よりは何らの通知も説明もなされぬままで、一方的に支払いは停止されています。 

A様は、言葉巧みに300万円を騙し取り、2年の時間をかけて13万円程支払ったら、全く応対さえしないということが、スマートグリッドホームの手口です。

 A様は、当会にご連絡頂きました当日も、スマートグリッドホーム本社を訪問するも、門前払いにて何らの説明も受けることが出来なかったとのことです。

 無論、これが初めての訪問でも無く、4〜5回は電話をしたり直接訪問を行なっています。 

これが、スマートグリッドホームの悪質な手口で有り、この様な被害者の方が大勢いらっしゃるはずです。 

伝え聞くところによれば、三宅氏は契約前の顧客を安心させる為に、社内の金庫に1億とか場合によっては3億円の現金を置いて、顧客に見せたりしている様です。 

当会のメンバーさんにも、三宅氏がここ2〜3年内に始めました『権利売買』にて、1億5千万円、2億5千万円と途方も無い金額を騙し取っています。 

自宅マンションは、元親族の名前に変更。(全て無担保) 既に『刑事事件』となった場合の万全の処置を行なっているものと推察されます。 

この様な、悪質極まりない商売(いや、詐欺商法と言うべきです)を、是非、皆様のお力で防止して、相応の刑事罰を受けるべきだと当会は考えています。 

お気軽に電話、メールでのご相談をお待ちしています。

 事務局長  安藤  浩一郎