事務局長の投稿

以前スマートグリッドホーム株式会社の営業マンとして勤務しておりました当会の事務局長の体験談です。

Hand Craft Pottery

事務局長の体験談(2019年11月15日UP)

11月9日、昨日も被害者からの相談が有りました。

これほどに腹立たしい事はここ最近有りませんでした。

現在、民事裁判の最中で近々に判決が下りるとのことでした。ご存知の様に通常は裁判所は和解を進めますが、三宅氏(スマートグリッドホーム)は、一切和解に応じなかったとのこと、弁護士も二度代わり、何らの連絡も無く欠席したりもしたとのこと。

この様な理由にて当然ながら、有利な判決が下りるものと相談者の弁護士も言っているとのこと。

しかし、ここに至り大きな問題が出て来ました。

要は三宅氏、スマートグリッドホームの公開されている『財産』の所在が全く掴めない状況です。

私と共に、いや私よりかなり以前から3年近くスマートグリッドホームにて、経理を担当していた方もこの被害者の会を支援して貰っています。

この経理担当者でも、社内に現金現金がいくら有るのかさえ、在職期間中も全く分からなかったとのこと。

顧客より入金されたお金は、直ぐに三宅氏がATMにて他の口座に送金、或いは引き出して移し替える。

給料日などに、計算された必要金額を現金で会社に持参する。

既にこのこと事態が異常事態である。

因みに、この経理担当者の在籍期間の約3年間『決算』は一度も行われていない。

ともかく、申し上げたいことは、大切なお金を数百万円、数千万円支払うのですから、今、契約を検討している方々は、決算書の提示を求めるなり、土地や施設の登記簿をみせて貰うなり、最低限その程度の確認はすべきである。但し、その様な物が無いので『他のお客さんから申し込みがあった』とか、巧妙にこの辺りを誤魔化す。

とにかく、契約を検討中の方は、くれぐれも最低限の資料提出を求めて下さい。

安藤